今井翼
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maison d'Ailes

今井翼にハマりそうな、拗らせそうな。一般目線とヲタ目線を行ったり来たり。ファン未満の葛藤。

Marseille, Marseillais et la Marseillaise

Allons enfants de la Patrie. Le jour de gloire est arrivé!

 

翼くん、ラ・マルセイエーズフランス革命の際、マルセイユ軍が歌いながらパリ入りしたのをきっかけにフランス国歌になったのよ。翼くんは勉強熱心だから、きっと、もう知ってるね。

「武器を持て、スィトワイヤン!隊列を組め!進め!」市民革命により、王政を倒したフランス国民はCitoyen(スィトワイヤン)であることに非常に誇りを持っています。国民、市民と訳されますが、フランス革命時代、同志の呼びかけに使われていたと知ってから(べルばらでな。)、言葉の持つイメージが全く変わりました。文化背景を知ることもそうだけれど、翼くんも現地に赴いてスペインを感じることで、辞書に載っている意味以上にスペイン語の単語のイメージが広がった経験が沢山あるのではないでしょうか。血生臭い歌詞だけれど、私もマルセイエーズを歌うと熱き血潮を感じます。← ド日本人です。

イタリア系フランス人のオペラ歌手ロベルト・アラーニャの歌うラ・マルセイエーズがお薦めです。とにかく熱いです。

 

私もマリウスについて知りたくて、昨日、フランス語の先生に訊いてみました。有名だけど古い映画なので先生は残念ながら見たことがないそうだったけれど、マルセイエは温かくて熱くて血の気が多いそうです。←そうですっていうか、お決まりで言われるお国柄だって。ほんとに寅さんのいる下町みたいだね。翼くんは感受性が豊かだから、その土地に身を置くだけできっと、色んなことを自然に吸収してると思うよ。

パリ、マルセイユ、ミュルーズはフランス三大犯罪都市でもあるので、deepな街では重々気をつけて。是非、charmantesな女の子達と沢山デートしてお話してきてね❤️

 

日本に帰ってきたら、マルセイユのお話聞かせてください。フランスと日本は8時間時差だから、マルセイユは晩ご飯の時間だ!美味しいもの食べて、風邪ひかないようにあったかくして眠ってね。調子が悪ければ、無理しないで1日ホテルで休んでね。

 

Le jour de gloire sera arrivé pour toi au mois de mars, j'espère.

Vas-y! Ala! Vamos! Ala!

 

 

追伸

私信で失礼。「翼くん」を「ゆきりん」に替えて読んでみると、私のキモさがよくおわかり頂けるかと存じます。