今井翼
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maison d'Ailes

今井翼にハマりそうな、拗らせそうな。一般目線とヲタ目線を行ったり来たり。ファン未満の葛藤。

BACKBORN 今井翼 [Photo Book盤] /初視聴

24日クリスマスイブに届きました。タワレコありがとう(๑>◡<๑)取り寄せになっていたのがクリスマスイブのタイミングで届いたことに胸が高鳴りました❤️ちょっとしたことがとても嬉しい。
翼くんが私の日常に入り込んできてからドキドキ率高い。昨日、プレゼントを買いに外出する時も「翼くんとばったり会うかもしれないから!」とドキドキしながら厚化粧を始める始末。←お家で焼酎飲んでるって。ええ、Chimère :妄想という名のアイシャドウをつけました。
もう、ほんと大丈夫?私、心臓破れない?


松井選手の勝ち歌だというこの曲、前情報無しで初めて聴いてみました。身も心もマリウス今井を待つファニー私になっておりましたが、一転、今日は完全一般目線です。音楽とアイドルに疎い素人の個人的な好みになりますので、不快に感じられる方もいらっしゃるかもしれません。やや、閲覧注意。


・音楽的な面から。
音が出て一発目、「うわっ、弦バス聞こえねぇー。」(おしとやかに過ごしておりましてよ❤️というか弦バス入ってないのか。こういう曲には欲しいわ。)でした。全体を通して、グラマラスで流麗なロカビリー?なのかなと思います。ホールコンサートで盛り上がることを念頭に置いて作られたのだろうなと思わせるホーンセクション、コーラスが盛り沢山に入った華やかな仕上がり。

CDで聴くと綺麗すぎるんですよ。綺麗すぎて音が流れる。ぶっちゃけオケの音数多すぎ。オケはオケで独立して綺麗で、翼の声も独立して綺麗なんだけど溶け合ってない。翼の声がオケに負けてるってことじゃなくて、音数多くて流れっぱなしのオケだからタメとか翼の息遣いが聞こえなくてグルーヴ感がない。

スネアにキレがないのもなぁ。音が軽いよ。やっぱりアイドルだし綺麗さやソフトさを大切にした音の選択してるのかしら。生バンドだとまた違うのかしらとD&R '11を見てみたら…ドラム、パコパコしてんじゃねぇ!←言葉遣い。スネアは腹に突き刺さる、切立つ崖のような音でないと!←生涯で1番聞いてるドラムは多分キューちゃん。ジャンル違いですみません。他の曲、SAMURAIとかだとパコパコしてないし気にならないから、BACKBORNみたいな曲の叩き方が人によって様々なのかなー。ごめんなさい。リズム隊(ベースとドラム)が私の好みじゃないだけです。

百戦錬磨のバンマス(from CKB 横山剣氏と対談した今井さんなら知ってるはずだ。)にソロの時のドラムお願いしたらどうかしら。色んなジャンル叩いてきていて経験豊かだし、何せバンマスだから安心感あると思うの。音響悪いところで聞いた時にバンマスのドラムがキレててちゃんとバンドを牽引していて凄いなと感じたことあったの。
ヴォーカルもこの曲ならもっとアタック強い方が好み。でも、アイドルとしては正解のアレンジなのでしょう。


翼くんの声は鈴の音のように綺麗だった。今井翼の若木のようにしなやかな美しさを閉じ込めた1篇。たった6年前くらいなのに声全然違うよね。舞台も沢山経験して声帯が強くなったのね☆


ベースは弦バス響かせて、ドラムはソリッドな音に取り替えて、コーラス無し、ホーンセクションはペット1本のアレンジを今度のライブで見てみたい。翼くん、フラメンコ踊るでしょ。よく存じあげないけれど、踊り手、ギター、歌い手、掛け声、手拍子くらいの少ない音でも一体感あるでしょ。BACKBORNもそんな風に少ない音でセッションしてみたら、緊迫したグルーヴ感が出ると思うの。お互いの息遣いが楽器を通して伝わり合うような。テンション高まるんじゃないかな。それにしても、ずっと歌い続けて変化していける自分のテーマ曲があるっていいね。


・歌詞
この曲、残して本当に良かったと思う!!!
大きな憤りと決意表明が熱くて、大胆に突き抜けるように真っ直ぐ書かれている。翼くんが何歳になって歌っても初心を思い出せるね。若かったなと思うかもしれないけど、理由なき初期衝動大事☆勢い大事☆パワーダウンしてる時でも歌ったら、絶対気合い入る☆
正直者で格好いいよ。←こういうとこ1つ取ってみても翼くんは男性ファン付きそうだけどな。ソロデビューの不穏な背景を目にしたことがあったから、ここまで書くんだと笑っちゃった。時系列で何言われて、何を思ったか解ったよってくらい。
「踊ってたいな 笑ってたいな」って入れてくれて最高に嬉しい!シンプルな言葉だけど、翼くんの根幹を成すもの。


初のソロシングル、今井家の皆さん大喜びされたと思いますが、1番嬉しかったのはお父様ではないでしょうか?Born to fry、その為に名付けた名前だから。息子が生き方を決め、その意味を刻むと言ってくれて、お父様どんなに嬉しかったかと思います。父親は息子に自分を超えて欲しいと思っているはずだから、翼くんが男前(心がね❤️)に育った姿を見せてくれて誇らしかっただろうなぁ。息子は息子で父親をずっと超えられないと思ってるんだよね。


そこに至るまでの方法論は年を重ねるごとに変わるけれど、「踊ってたいな 笑ってたいな」と「Born to fly」が翼くんの背骨というかモットーかなと思いました。自分の名前の意味を入れてきたところに家族愛を感じる❤️
この2ワードがto baseで翼くんが話してた、持って生まれた天分と経験に繋がるんだよね。授けられた名前、自分で培ったダンス。


デビュー曲のテーマが翼くんが「いかに生きるか」、タッキーが「愛」、ユニットが「存在理由(raison d'êtreだよー)」(ハムレットだと「生きるべきか、死ぬべきか」だけど、歌詞を読むと「僕が僕であるか、ないか。」→「滝翼になるか、ならないか」、「滝翼であるか、ないか(ソロか)。」かな。)ジャニーさん、滝翼への愛と期待がデカすぎるよ(笑)。テーマ壮大。
でも、わかるよ!ジャニーさんの宝物、私達にとっても宝物だもん❤️


決意表明(ソロデビュー)から6年、You fly around freely now!翼くん、有言実行だったね(๑˃̵ᴗ˂̵) きっと、noiseももう断ち切れたでしょ?


追伸
DVDはあるけどCDも聴きたい。ソロアルバム希望❤️