今井翼

Maison d'Ailes

今井翼にハマりそうな、拗らせそうな。一般目線とヲタ目線を行ったり来たり。ファン未満の葛藤。

Like this

「屋根裏の恋人」番宣で、翼くんが「是非、ご注目ください。」と言ってるのを何度も聞けて嬉しかった。

冬に比べたら、本当に心が柔らかく、明るくなったように感じる。Jwebの新年動画やマリウスの番宣時は、謙虚に「ご興味がある方は、(ご注目ください/お運びください。)」が付いていて、芸能人としてはそれが何か引け目や自信の無さのようにも響いていた。アイドルなのだから、無邪気に「皆さん、是非ご覧ください!」と言っちゃった方が雰囲気盛り上がるのに〜!と思っていたの。それが今回の番宣では、リラックスして素直にアピール出来ているみたい(๑˃̵ᴗ˂̵)⭐️マリウスを乗り越えて、翼くんに自信と余裕がまた出てきたのだと思うと心から嬉しい。翼パパも大好きだけど、痩せてお顔がシュッと三角になった翼くんも勿論格好良くて、一般視聴者の皆様に照準合わせてきてる(๑˃̵ᴗ˂̵)!「屋根裏の恋人」で翼くんのファンが増えるのを、私は本当に楽しみにしてるの❤️

 

その一方で、Aileなんか暗くない?マリウス待ちに比べて屋根裏の恋人待ち、テンション低くない?って思った?偏に4月半ばから体調不良が続き、ブログを書けなかっただけです。←そうは言っても、出演番組はリアタイ、掲載雑誌はコンプリよ⭐️思考もまとまらないし、感受性も鈍くなるから、書ききれずに終わった下書きがいっぱいある。4月からのto baseもずっと楽しくって感想も沢山あったのだけど、書けなくて本当に残念。いっつもラジオを聴きながら短い〜!って思ってたわ。ナイスさん、あと10分伸ばして❤️

 

そんな体がおぼつかない鈍色の日々の中、交流のあった滝翼ファンの方々が数人SNSをお止めになると云う悲しい出来事もあった。理由はファン同士のトラブル。「嫉妬」だったのかもしれない。 特別に優しく可愛らしい方々だったから、彼女達が辛い思いをしたことがショックだったし、滝翼まで嫌な思い出になってしまわないように祈っていた。タレントがいくら努力しても、ファンがファンを減らしてたら意味ないのにね。

 

普通に暮らしていたら、自分の周りには似たような倫理観、社会常識を持つ人間しか集まらない。でも、自担を好きなことだけが共通項のジャニヲタの世界には色々な人がいる。翼くん大好き❤翼くんに可愛く見られたい❤️憶えてもらいたい❤️で、可愛く呟き、良い人を装い、翼くんを全肯定し、SNS発信で自己ブランディングに励む裏では、他人を攻撃、中傷したり、当てこすりをしてコミュニティに居られなくなるまで追いつめる人もいる。えぐい。頭おかしい。そんな二面性はいらない。Aileはフェアでないことを許容できないので、ドン引き。好きだからと言って、けして許されることではないと思う。穏やかで断トツにマナーの良い安藤さんでもこういったことが多少なりとも起きるのだから、一体他グループのファンはどないなことに(O_O)?と思ったら、あなた、お若いグループのコンサートでは可愛い子が他のファンから理由なく、うちわで後ろから頭叩かれたりするそうです…。コワイよ!

「翼と私の問題なんで!」ではありますが、そういったことが起きる世界にわざわざ身を投じている自分どうなの?と、正直萎えたのも確か。

 

「翼くんに憶えてもらいたい。」と云う感情を持つファンがいることも、この半年弱でやっと最近知ったのでした。そんなこと思ったことなかった。だから、SNSでの名前とラジオネームが同じだったり、読む人に◯チガイかと思われるようなリア恋アホヲタブログを書く人は少ないのね⭐️と、遅ればせながら納得。そうなのね。

「翼くんに嫌われたくない。」という感情がどうやらあるらしいと気づいた時も「嫌われるも何もそういう地平にいないのに何故ゆえ?ファンレターが翼くんに引き起こす感情??」と疑問だったのですが、その奥には「憶えてもらいたい。」があったとは。(しかし、昨年の12月、ジャニヲタが主人公の「婚外恋愛に似たもの」宮木あやこさんの小説を読んだ時に、萩尾望都大先生の傑作「ポーの一族」からエドガーの台詞を引用し、「好きな人の記憶に残ることが生きること。」だと書いてるのです。小説の中のジャニヲタとして咀嚼していたけれど、現実もそうだったと。かの小説はジャニヲタの真髄を書ききっているのかもしれませんね。読み返してみようかしら。)で、また翼くんも憶えていたりするとは。←昨日のto base参照。なるほど。翼くんとファンはそういう距離感なのね。想像だにしなかったほどに近くて、ちょっとびっくり。その辺、まだまだ一般目線のジャニヲタ1年生です。私、気づくの遅い?

 

少しブログから離れていた間は、音楽を聴いていました。歩いていても横になっていても、瞬時に別世界にトリップさせてくれる。音を聞くことは、人間の最も原始的な喜びの1つだと思うのです。ね、翼くん❤️

 

 


Jain - Come

パパのお仕事の関係でアフリカ育ちのJain。フランス人だけど、英語で歌っています。彼女が作る音楽は、彼女のBACKBORNが色濃い。お洋服やスニーカー、髪型も可愛いし、分身の術を使ったり、4次元ポケットに入ったりとMVも不思議可愛い❤️この曲聴いてる時はいつも笑顔になってる。

 


Cœur De Pirate - Comme Des Enfants

フランス語圏のカナダ人、ケベコワさんです。どうにもこうにもこの手のフレンチポップは好きです❤️このMVも恋人達が微笑ましくて可愛い。

 


Julien Doré - Chou wasabi ft. Micky Green

ジュリアン・ドレ、フランスで人気あるのですって。イケメンより、味のある男が人気の出るフランス。ジャニーさんは、この男の子をスカウトしにフランスへ飛んだ方がいい。取り立てて特徴がないようだけれど、何故かクセになる気持ちの良い曲。ジュリアンのハスキーボイスのせい⁈ 夏っぽい明るい気持ちになる。これもMV可愛い。歌詞を読むと2人はスペインに行ったみたいよ、翼くん❤️Oh c'est la vie, oh c'est la vie, oh c'est la vie, oh c'est ma vie que j'attendais. De toi à moi, il faut tout recommencer. それが人生、それも人生。僕の(私の)人生、あなたを待っていた。あなたから私(僕)へ。またすっかりやり直さなきゃ。

 


The Chainsmokers & Coldplay - Something Just Like This (Lyric)

翼くんのことを想いながら聴く曲となると、いつもこんな感じになるのだった。前は、Wonderwall 貼ってたね❤️ ど真ん中豪速球の王道ラブソングです❤️