今井翼

Maison d'Ailes

今井翼にハマりそうな、拗らせそうな。一般目線とヲタ目線を行ったり来たり。ファン未満の葛藤。

今井翼編、「屋根裏の恋人」最終回「背徳の行方」2017年7月22日

「屋根裏の恋人」スタッフの皆様、演者の皆様、最終回、視聴率4.1%おめでとうございます❤️❤️❤️

後半、失速して心配していましたが、最後、また盛り返しましたね。翼くん、良かったね(๑˃̵ᴗ˂̵)⭐️(妄想)妻も嬉しい❤️ホッとしました。翼くんには、視聴率は気にしないで、良いお仕事が出来るよう集中して欲しいと言いつつ、やっぱり上がるとご褒美みたいで嬉しいわねー(๑˃̵ᴗ˂̵)⭐️

 

ではでは、遅くなりましたが←今週は、熱中症か夏風邪引いたお馬鹿さんなのか分かりませんが、野戦病院で点滴打ってた。皆さまもご用心⭐️くれぐれも塩分を忘れずに!、今井翼編、Allez-y!

 

樹と衣香、由比ヶ浜のシーン。

膝まづき、衣香に片手を差し伸べる樹。やだ❤️!翼くんのプロポーズ見られるの⁉︎ シャーロットがハゲのユダヤ人弁護士にプロポーズされる時もこのポーズしてたーっ(๑˃̵ᴗ˂̵)!←SEX AND THE CITYは後追いDVD派⭐️欧米では、結婚を申し込む時のトラディショナルなこのポーズ、今まで「屋根裏の恋人」に感じることは皆無だった「ときめき」ちゅーもんをAileは覚えました。


しかし、残念ながらそれも束の間。衣香おばはん、砂浜にどっかと腰をおろした!ちょ、プロポーズは?「楽しかったなぁ…屋根裏生活」「最初は、本当にびっくりしたけど…。」キャッキャウフフ昔語りを始める2人。

え…えぇっ⁈ 何を言いだしましたの?今までの「屋根裏の恋人」のテンション、何処に行ったの⁈ 衣香は、樹の分までご飯を作って冷蔵庫に入れていたとか、ピカタが大好物だから入れといたとか始まります。何、その今明かされる裏話。貴方達、のほほんイチャコラ暮らしてたんじゃない…。やっぱ、葛藤なかったね⭐️「覚悟はあるのか?地獄に堕ちる。」とか言ってませんでした?「貴方を求めて狂ってしまうのっ!」⇄「やめてっ!」のグダ滅ループは痴話喧嘩だったんすか?今の私、オカッパ小町くらい納得いかない。

 なんかこれ違う…。衣香のキャラが支離滅裂だとか、ストーリー展開が矛盾したまま強引に進むだとか、そういうの超えて別のドラマになってる。

視聴者が見ていたドラマとは、全く性質の違うアナザーストーリーが裏で進行していて、最後に「実はこうでした。」と蓋を開けられても「へ?」ってなるわよ。視聴者、置いてけぼり。「アフタースクール」(映画)みたいに伏線張って、最後の最後で回収してサブストーリーを明かすやり方なら納得できるけど…って、ごめんなさい、大映ドラマに。録画見直したら、真面目に見ちゃったわ。でも、リアタイした時は、「また、おかしなこと言い出してるw」って笑ってたから大丈夫よ⭐️

 

そして、「行くね。」と立ち去る衣香を…「コント、海辺の風景その1」、夕陽を背負い、なんと砂浜で「G線上のアリア」を弾きながら見送る樹。えw?ト ン チ キ !!!!総合演出ジャニー喜多川⁉︎ 屋根裏スタッフの皆様、翼くんのみならず、ジャニー喜多川のトンチキ演出の研究まで⁉︎ 夕陽がギラギラ照りつける直射日光、潮風。樹、バイオリン割れるわよ…。楽器に謝って!って先輩に怒られるよ!←?この海辺のシーンの感じ、不可思議な緩急…。会社の休憩室にあるテレビでやってるのをちょっと見ただけだけど…、韓流ドラマですか?うっわー。それは、ちょっと。

 

⭐️⭐️でも、バイオリンを弾く翼くんの表情とっても良かった(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️

「終わり」を受け入れた静かな悟りの表情。

苦しみも悲しみも憎しみも今日で全て終わり。

満足な聴力を失ってバイオリニストになれなかった絶望、不正によって父を自殺に追いやられた怒り。樹、アンラッキーとばっちり人生。両方に衣香が絡んでますね。衣香、樹の疫病神か。

樹には、潜在的に破滅願望があったのかもしれません。彼にとって、子供の頃から愛し、多くの時間を費やしてきたバイオリン演奏は生きる支えであったことでしょう。しかし、音楽家の道を諦めてからの18年間は、生きていて普通に生活はできていても、心は壊れてしまっていたのかも。自らの力で幸せになる気力を失ってしまっていたような気がします。縋るものもなく、ずっと1人で荒野にいるような心持ちだったのかもね。樹、かわいそう…。ずっと、辛かったね。殺人の罪を被ったのは、衣香への想いと言うより、深層心理では早く人生を終わりにしたかったからかなーと思いました。

前回のエントリーでも書きましたが、樹は「衣香といると、耳がよく聞こえて、バイオリニストを目指していた幸せな時代に戻れる。」または、「望む将来への道が断たれ止まった時間を動かすには、衣香との再会が必要だった。」。ゆえに、18年前に少々お付き合いしただけなのに、視聴者には魅力が見えてこない衣香に対して異常な執着を持っていた。

2人のラストシーン、樹ツバサ、バイオリンを弾きながらも、心(執着)を込めて衣香をガン見で見送ります。最後の瞬間まで目を逸らしません。翼くん、演技と辻褄あってる(๑˃̵ᴗ˂̵)⭐️って、辻褄、無理矢理合わせたのは私ですけどね、ええ。翼くんの台本には、何が書き込んであったのかしら?台詞が「何よりもあなたの幸せを願ってる。」だから、「もう二度と会えない衣香、無償の愛。」とか、そんな感じ?

 

つくづく、翼くん、大変だったなぁと思いました。樹役は、屋根裏の不思議な中年、西條邸内舞台俳優、西條邸外普通の人とそれぞれキャラ(演出や台詞含め)が変わります。そして、最終回の海辺では、今までのストーリー展開と樹の緊張感を無にするかのような呑気キャラにまた変身。

連ドラって台本が出来上がるのもギリギリで、演者の皆様方もラストを知らない状態で撮影が始まると言いますね。翼くんも、各話の台本を通して、樹の心理や感情を追うことは途中で止めたのではないかなぁと思っていました。「現場での対応力」、前後の脈絡は関係なく「そのシーンだけで視聴者を惹きつける演技力」←高畑さんと勝村さん、凄いわよね。が磨かれたんじゃないかな(๑˃̵ᴗ˂̵)⭐️?あと、今井翼、お笑いもいけると…。

ピカタ、美味しかった?いいのよ⭐️翼くん、TVは楽しかったら!一般視聴者の皆様に、今井翼もう太ってないよー(Aile, 翼パパ大好きなんだけど。)!、面白くて(?)格好良いでしょー(๑˃̵ᴗ˂̵)!ってお披露目できて、翼くんを好きになってくれた方々、翼くんへの想いが再燃した昔のファンの方々が増えて、8月2日のFNSのタッキー&翼に繋がって。連ドラ、最高じゃない(๑˃̵ᴗ˂̵)⭐️?

スタッフの皆様方にも随分、研究して頂けて、今井翼の魅力がいっぱい詰まったドラマでした。こんなに有難いことはないと思ったわ。あなたもちゃんと感謝してる?←妄想世話焼き女房。⭐️⭐️

 

西條家が♪チャッチャッチャ チャンチャカチャンチャ ♪チャンチャカチャンチャ チャッチャッチャ ♪チャーンチャチャーン←ドリフのセット回転シーンのジングル。と、逃亡コントを繰り広げている頃、自首しに歩道橋を歩く樹、警察の廊下を進む樹、取調室でセンターに座る樹。

取調室で樹の顔がアップになった時、胸がズキッとしました。翼くん、目の下に影を作るまでに頰の肉が削げた…。筋トレやり過ぎても老化進むらしいわよって違うわ、肚を決めた男の表情が切ない。おヒゲ(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️歯を噛み締める樹、かわいそう…。アンラッキー人生で、しかも悪い方向に自ら進んで行ってる。←気づけば真剣に見ている。それが大映ドラマです。翼くん、この歩道橋のシーンでアップだったのかな?そう思うと感慨深かったです。

肚を決めた男、全てが格好良い。意味なく、真夏に黒いコートを着せてしまったのも分かるほど、格好良い⭐️

 

そして、キッチン背後からの羽交い締めシーンから、屋根裏キスシーン、数々の樹、愛の囁きシーンが、ソフトフォーカスのかかった衣香の思い出として走馬灯のように流れます。観ている方も懐かしく、樹に会えなくなっちゃう…と恋しくなります。でも、Aile,どっちかって言うと、「世の中に忘れられた者が集う。それが屋根裏だから。」、「奥さん、うら寂しい屋根裏に貴女のベッドはない。」、「オーロラ、ガンジス、屋根裏。」などの樹面白名言シーンのフラッシュバックが見たかったわ。←ドラマ、破綻するわ!

 

この警察に向かう樹、家族を乗せて遊園地に向かう衣香から、樹、衣香がそれぞれの場所より月を見上げる最後の場面までは第3話と同じパターン。衣香と樹の行動を短いスパンで交互に映し、視聴者の感情を鳴咽する衣香に同期させ、昂らせる。生活に疲れたおなごのカタルシスを最短時間で昇華させる手法です。川村監督、お得意か。

3話の時は、THE 昼ドラ!と思いましたが、今回のは、Aile、リアタイしていた時は翼くんがよく見えなくてイラッとした。録画を見直した時は、衣香は早送りしたいのにちょこまか入ってくるから邪魔でイラッとした(笑)。ええ、ファンには今回のは、少し各人の切り替わりが多過ぎ、スパンが短過ぎたようです。

 

ラストシーン。穏やかな表情で、留置所から青い夜空に浮かぶ白い月を見上げる樹。安らかな、落ち着いた顔。

昼ドラは純愛至上主義。愛のためなら、倫理観、社会正義まで吹っ飛ばし、不法浸入だって、偽証だって厭わない。やってること、気が狂ってます。やっぱり、これ観終わったら、母ちゃん、洗濯物取り込まなきゃいけないからですね。それでこそ、成立する世界観(こちらは人生観とかの観の方ですよん⭐️世界、世間をどのように見ているか、考えているか。)です。

 

うん、でも、樹、まず、証拠隠滅することなく、物証のナイフを何ヶ月も持ち歩いてたのが変だと思われるし、第一、イザワヨシオさんが殺された現場が何処かも、死体が何処に倒れたかも、あなた、知らないわよね?和田刑事に「せぇのいーつきさぁん↑!あなたぁ、誰かを庇ってますね?」って言われちゃうわよ。DNA鑑定だってあるし、誠、気が小さいから取調べですぐ落ちるし、格好良く自首したけど、あなたすぐ釈放だからね⭐️

 

樹、第2の人生、これから始まるよ(๑˃̵ᴗ˂̵)⭐️⭐️  

「樹、或るお人好しのアンラッキー人生 〜第1章〜 」fin.

 

⭐️エンドカード⭐️

色っぽさでは今迄で1番!唇半開きで、バイオリンを構える樹。白シャツもはだけ、ダイエットに成功した首筋を見せつけています(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️から、第1話、樹初登場シーン。ブラインド越しの目かな?懐かしいね。樹、格好良かったよ(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️第1話、第2話の中田監督が全編撮ったver.も観てみたかったな⭐️ドラマチックで、樹が美しくて印象的なシーンがもっと増えてそう⭐️

 

追伸

私は「屋根裏の恋人」初回を今井翼の勝負パンツと同じく、赤パンで正座して迎え、最終回を「たまには興奮するのも見たいねぇ。」(to base参照)のパーポーパンで正座して終えました。

赤は持っていましたが、パープルはわざわざ買いました。HANKY PANKY(下着メーカー。レースタンガが履きやすくて有名。)セールになってないっかなー♪←なってなかった。と見に行ったら、あったの!そんな代物が!

ラベンダーでもボルドーでもなく、敢えて本当のパープルを選びました。だって、ドラマ頑張ってる(妄想)主人の趣味なんですもの(泣)!少しでも妻も願掛けするの!←嫌なのか?赤は好き❤️イメージは10年位前に見た、浅草ROX前で椅子に足を上げて立膝をついて煙草を吸っていたゴルフ焼け肌にゴールドネックレスの欧陽菲菲のようなモジャモジャパーマおばさんです。←あまりのことに忘れられない。

下着の色は、気分を変えると言うから、「翼くんの好きなパープルの下着を身につけたら、どんな気分になるのかしら?セ、セクシーな気分に⁈」という興味もあったの。やー、結果、朝からお手洗いに行く度に「…フッ。」と笑いましたね。

1日、赤羽の「スナック える」のえるママ(酒と煙草で喉を潰して、ガラガラ声で「うちのポテトサラダ、黒胡椒効いてて美味しいのよぉ〜。あーたも食べなさ〜い。」とか言う。太客は土建屋の金子社長、眼鏡のひょろりん公務員水道局の磯田さん、◯電の久保くん。えるママ的には「この街のインフラはあたしが押さえた。」と云うことになっている。好きな歌手はチー様こと松山千春バツ2。子供は3人。長男:類(ルイ)30才。金子社長の所で働いている。長女:絵麻(エマ)27才。歌舞伎町のホステス。雇われママ。類と絵麻の父親アイルランド系アメリカ人の米兵。次女:紗織(さおり)24才。小学校教諭。父親は区役所の保健福祉課の泉さん。死別。えるママの口癖は「いい人は、早く逝っちゃうのよ〜(涙)。」でも、これからまた、いい人に会うかもしれないので籍は抜いてみました。久保くんは類の同級生。久保くんが中学生の時にカツアゲされているところを「あんた達、何してんのよぉ〜!」と割って入ったら、カツアゲしてたのはうちのバカ息子だった。愛犬はトイプーのブリタニー。好きなお酒はいも焼酎。カラオケの十八番は鈴木聖美「TAXI」。)妄想で楽しめました。

 

翼くんへの追伸

改めて、ドラマの撮影お疲れ様でございました❤️大変だったし、学びも多かったのではないでしょうか?

この1ヶ月、翼くんは撮影が終わって、もう新しいことに意識が向いているのに、Aileはドラマの応援をしていて、同じ時間を過ごしていないことがジレンマでした。ずっと淋しかったです。樹の良かったシーンは沢山あるけど、翼くんはもう別のことしてるし、樹ダイジェストを書くのはやめるね。

でも、これからまた一緒(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️翼時間❤️❤️

ところで、パープルって青みがかったあのほんとの紫でいいの?洒落で買ってみましたが、似合わないので困っています。菫色とか、もちょっと可愛い色で良かったの??