〜今井翼くん、大好き♡〜 Maison d'Ailes

今井翼にハマりそうな、拗らせそうな。一般目線とヲタ目線を行ったり来たり。ファン未満の葛藤。 湘南BOY 翼くんの回復を祈願し、 ヘッダーは鵠沼海岸、アイコンは江の電に変更しました。(2018.3.30)

海の彼方へ

海の彼方へ。

マリウス、今井翼にはこれから本物の航海が始まります。

たった独りで立つ役者としての。

 

私には、カウンターにあったクリーム色の帆船模型を憧れの眼差しで弄んでいたマリウスが目に浮かびます。マルセーユに戻ってきて、くたびれたPコートを着て帆船模型の前に佇むマリウスの姿も。

憧れていた船乗りの生活も、あんなことがあってはけして楽しいものではなかったでしょう。たとえ、口では「幸せ」だと言っても。翼くんにもそんな時は起こるかもしれない。

 

でも、これからは、故郷のしがらみと決別した、真新しい全てが自分の選択、判断次第の航海です。

大きな船に乗るのか、小さな船に乗るのか。

どこへ行くのか?

 

Où va Marius? Où va Tsubasa?

 

maisondailes.hatenadiary.jp

こちらは、2017年3月27日『音楽劇マリウス』千秋楽の感想↑からの引用です。

 

タッキー&翼「解散」、滝沢秀明「引退」、今井翼「退所」』シリーズに後から振り返りやすいようにとタイトルをつけていて、何を書いていたか、ふと思い出しました。

 

そっか。私、この頃にはもう翼くんが飛び出す予感がしてたんだ…。

だから、あんなにマリウスは切なかったのかな。

 

そして、その頃、Aileは妄想暴走ファニーであった。

「Aileがファニーだったら、洗濯女にでも飯炊き女にでもなって、マリウスと同じ船に乗り込んで『マリウース!サープラーイズ(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️❤️❤️!!!←フランス語だとシュプリーズになるの?ボヌシュプリーズ?』ってやるー⭐️!絶対、離れない。好きなら離れちゃダメなんだもん(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️!」と言っていたのだった。

 

そう、好きなら離れてはいけないの。

 

 

 

翼くんが退所にあたり、どんな条件を突きつけられたかは分からない。

15日のブログは『タッキー&翼のファン』だけに宛てた文章としか読めなくて、私は号泣した。

ジャニーズ事務所での23年はタッキー&翼だけじゃない。

WWTPもあったし、PZもあったし、ユニットに属する者としては翼くんが初となったソロコン、ソロツアーもあった。アジア人初のゲストダンサーとして迎えられたBTFもあった。世界初のスペイン文化特使にも任命され、スペイン・日本両皇太子の御前で舞った。大学でスペイン語特別講座の講師も務めた。

滝翼以外の仕事を応援してくれた方々も多かったはずだ。

なのに一切、言及がなかった。←ああっ!翼くん、ここで改行を入れれば!とかはあったのですが。

ファンをきっぱり辞めようと思った。

 

 

でも、あのブログだってタッキーと同時更新。

ユニ担や滝担からの事務所やジャニーさんに向けられた批難や怒りをガス抜きする為に指示されたのは見え見え。←翼担は「体調の問題だから仕方ないね。」って感じが大多数。事務所が自己保身の為にタレントを矢面に立たせる。内容の指示があったことは想像するに容易い。

翼くんは自分の事は書かせてもらえなかったのだろう。

「余計なことは書くな。」とでも言われたのだろうか。

「退所」にあたっての誓約で書けなかったのだろうか。

←翼くんて、ジャニーズ事務所との話し合いやっぱり1人だったのかな?具合悪いのに長時間拘束されてたら、それってもう判断力を鈍らせる為の監禁なんじゃ(泣)?弁護士チーム連れて行けたのかな?ちゃんと、話し合いの録音(コッソリ)したのかな?話し合いの内容、誰が何と言ったかちゃんとメモしてたかな?ちゃんと、読んでハンコ押したのかなぁ(泣)?!←Aileの用心ぶり。でも、独りで歩んで行くってそう云うことでしょ?自分を守る為、自分に有利な条件で動く為、自分で行動すること。

そして、翼くんがファンに弁明できる場はもうない。

 

タッキー、翼くんのブログ内容はファンからの信用を失わせ、これからも継続して応援しそうなファンとの切り離し策にも見える。

気持ち良くなるのは、もはやこの世に存在しない『タッキー&翼』と云うユニットのファンだけ。実体のない『過去』を応援するファンは事務所にとって害はない。出ている間はCDでも買ってもらえばいい。

しかし、昨年の活動休止から、2人の公式発表どおりに2人を信じ、ユニットのことには口を噤み、ソロ活動を応援してきたファンは、KEN☆Tackeyを応援してきたファンは一体どう感じたのだろう?

タレントに失望し、気持ちを傷つけられ、アイドルを応援することが如何に虚しいか、時間と労力、金銭の無駄かを知ったのではないか?←元々、知ってたけど、一度嵌って目が覚めるパターンも。

もう、アイドルを応援する気は無くなったのではないか?

 

タッキーの場合は「引退」。

今後はプロデュースする子達にファンを付けるのが仕事だから、これからは彼自身のファンが居なくても何も困らない。

翼くんは「退所」。

タッキー&翼』は解散しても事務所のもの。事務所のコンテンツ。『タッキー&翼』のファンのみ遇することにより、愛タカ運動でも何でもやってもらえれば、事務所の継続した収入になる。

しかし、「退所」した今井翼が復帰した時に、今までも今井翼の『現在』と『未来』を、ソロを応援してきたファンが残っていることは、事務所は心情的に許せないのではないだろうか?

特に『タッキー&翼』に執着なく、『今井翼』を応援し続けるファンは減らしておきたかったのではないか?

芸能事務所を独立したら何年間は業界で干してやる!のような。表面上、円満退社のように見えるが、扱いを見ていると円満退社とは思えない。今井翼は、ムーミンのニンニ(顔のない女の子)にされてしまったようだ。

「『ハーイ!マミー!』って遊びに来ますよ。」(2015年1月SMAP解散の引き金となったジャニーズ事務所メリー喜多川副社長(当時88才)の『SMAPを連れて出ていってもらう』発言のあった週刊文春インタビューより。田原俊彦氏について。)とは言っても、忖度一択。←てゆか、既に翼くん…『今井翼』の名前は出してはいけないような扱いになっていますけどね。ジャニーズ事務所内のタレントからさえも。A.B.C-Z with 林くんのラジオの件は露骨で驚いた。タッキーの曲をかけ、タッキー引退の話はしたが、『タッキー&翼』と『今井翼』には触れられなかったそう。フミきゅんがタッキーべったりなのは知ってるけど、あなた達PZ出てたよね?とっつーもブログで翼くんと思しき人のエピソードを書いてくれたのですが、名前は出していなかったのです。ジャニーズに限らず、他の事務所から独立し、暫く見かけなくなるタレントは多い。

今回に限って言えば、メディアはジャニーズ事務所に残ることを決めた滝沢秀明のみにフォーカスし、今井翼を『タッキー&翼』と共に葬りさろうとしているかに見える。←スポーツ報知?か何かのネットニュースで「メディアに携わる者として、滝沢秀明の引退ばかり報道し、優れたダンサーである今井翼の素晴らしい功績を伝えないことを申し訳なく思う。ワイルドな見た目に反し、真面目で熱い男だった。彼の復帰を待ちたい。」(要約)と見ました。確かに見たので、どちらの記事かご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。署名記事ではなく(○○記者)とありました。報道している側がこう思ってると云う事態なんですよ…。

ジャニーズショップ原宿では、『タッキー&翼』のコーナーに今井翼だけの写真が残り、滝沢秀明の写真は大きく通路を隔てた一等地『ジャニーズ』のコーナーにあった。今井翼の写真が解散し消滅したはずの『タッキー&翼』のコーナーにあるのなら、滝沢秀明1人の写真もそこにあって然るべきだ。←健滝だけ『ジャニーズ』コーナーに置けばよくない?事務所からの指示なのだろう。

つまり、そう云うことだ。

 

 

滝翼界隈のファンは、アラフィフ、アラフォー、アラサーの年代順で構成されていた。←敢えて、皆さま、書かない風潮でしたが、実はめっちゃ年齢層高いんだよん⭐️人数が少なく、先も短い滝翼界隈のファンは、事務所にとって切り捨てても全く構わない取るに足らない存在だったであろう。

では、滝沢秀明は?今井翼は?

ファン諸共、事務所にとって消し去りたい存在だったのだろうか?

現実問題として、2人は表舞台を去る。

 

 

ジャニーズ事務所に対して思うことは当然色々ある。

解散後のファンへの対応としてはSMAP解散時よりも更に悪い。

解散コンサートは勿論、FCから解散を知らせる手紙も写真すら送られてこない。昨年、2017年の活動休止発表で「実質、解散だ。」と思ったファンは少なくなかった。←皆さん、気を使って表で言わなかっただけです。一所懸命「ユニ活再開」要望をしていた方々が傷つくでしょ?だから、です。しかし、解散にあたり、1年前のお知らせで事を済ませるのは乱暴に過ぎるだろう。←それで、苦情を言うと、きっと全部「翼の体調のせい」にしてくるのだと思います。滝翼、今井翼には商品化されていない未収録映像が沢山あるはずだが、それらが最後にファン向けだけにでも発売される気配もない。

今回、滝翼の解散、滝沢秀明の引退、今井翼の退所を仕切った人間は誰だろう?

テレビを主戦場とする主流派ではない彼らの解散劇は、ジャニーズ史上最悪の形となった。タレントとファンを大切にしてくれるスタッフは居なかったのだろう。いつから2人は、事務所内でこのような中途半端な状態に置かれていたのだろうか?このような扱いを受ける非が2人にあったとは思えない。

タッキーまでもが退所の意向を持っていたとしても不思議な話ではないだろう。

 

 

私が色々言うまでもなく、ジャニーズ事務所自体がもう長くは持たないのではないかと思う。

お茶の間ファン以外のジャニヲタで事務所が40年くらい前の感覚で動いている同族企業だと云うことを知らない人間はいないだろう。ジャニヲタからは、その杜撰な仕事ぶりからとうの昔に社会的信用は失っている。←大学生バイトの方がしっかり仕事するんじゃない?ってくらい事務所から翼くんのお仕事情報お知らせは抜けまくっていた。テレビ出演も連絡されず、殆どのファンが見逃したり…。でも、これは他担でも偶に耳にする。あと、デジチケを採用したコンサートに行ったら大人数の席がなかった事件とか。『自担が人質に取られているから』©️どなたか。関わっているだけの企業。

現状、櫻井翔くんが嵐にいて、元総務事務次官の櫻井父が電通に天下っていて…と云う環境にあるが、せいぜい2020年オリンピックまでではないだろうか。果たして、そこまで持つのか。

ジャニーズタレントの不祥事、スキャンダルの連発、退所者の続出ぶりを見ていると、タレントが事務所へのロイヤリティを失っていく環境、タレントの統制が全く取れていない状況に在ることが伺える。←ジャニヲタにとっては崇める程の存在であるジャニーズだけど、興味がない人にとっては只の人。簡単に売られ、簡単に話される。

 

求心力を失っている事務所に不信感を持ったタレント達が大量離脱したら?

TOKIO山口達也に続き、所属タレントがいよいよ大事件を起こしてしまい、ジャニーズ事務所自体が視聴者から激しく拒否されるようになったら?テレビ局から嫌煙されるようになったら?

そこへ、他事務所が男性アイドル産業に大々的に参入してきたら?

ジャニーズのタレントが他事務所に移籍したら?グループの名前が変わり、過去の楽曲を使用出来なくなっても、同じメンバーで新曲がリリースされ、コンサートが開催されれば、ファンは付いていくだろう。

 

ジャニーズ事務所は、内部崩壊からの弱体化、もしくは解体の末路を辿るのではないだろうか。この先、5年から10年の間に。

 

 

ジャニーさんやメリーさんには、もう言うことない。お年寄りには不親切にしたくない。とうに、まともに仕事が出来る年齢の方々ではない。20年前には後進を育て始め、頑張ってもせいぜい10年前には引退していなければいけなかった方々だと思う。

 

でも、ジャニーさんの「滝沢が手伝ってくれると聞いて涙が出るほど嬉しかった。」公式コメントには呆れた。

タッキー&翼』のもう一人、今井翼には全く言及がなく、ファンへの配慮もなく、個人的な喜びと「ジュリーと仲悪いわけじゃないんで。二人三脚で頑張ってきますんで。」表明のみ。←ジャニーさんから翼くんにコメントがあったのは18日の『ジャニーズ キンプリアイランド』ジャニーさん囲み取材が初めてです。タッキーがキンプリアイランドのプロデュースに関わると云う話で、ジャニヲタの間では「あー、もうジャニーさん、タッキーとキンプリお気に入り側に置いてご機嫌だねー(棒)。」との声が流れていた。

バランス感覚を欠いたトンチキコメント。

一般常識外にある芸能界とは言え、世間一般の感覚から大幅にかけ離れている。もはや頭回ってない。TOKIO山口達也が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された際、1回目に事務所から出た2、3行の公式コメントを思い出した。巷で話題になっていた、小学生が書いた怪文書みたいなヤツ。…ジャニーズ、大丈夫?大丈夫じゃないの知ってるけど。

 

そして、ジュリーさん。

世間では悪く言われがちなジュリーさんですが…。グループは増えているのに人材不足で会社が回ってない、仕事の棲み分け、仕事の割り振りのバランスが悪い、明確に方針を打ち出せない、そんなくらいじゃないかなーと。

 

ジュリーさんのすぐ近くに悪い人はいませんか?

その人は本当に信用していい人ですか?

ジャニーズ事務所の中枢に悪い人は忍びこんでないですか?

そんなくらいかなー。そこからね、やられちゃうこともあるわけだし。

ジュリーさんはほぼ(全然かな?)関知してないでしょうけれど、突っ込めば突っ込めること、叩けば埃が出ることって色々あると思うので、そういう細かい事や仕組みをせめて、そこら辺の一部上場並みには正して、クリーンに運営できる方がいらっしゃるといいですね。新しいロゴマーク作るより、先に内部をクリーン!クリーン!

 

 

 

そんな感じで、文章が破綻してきたので、そろそろ締めに。

 

ふっと私達の前から突然姿を消した翼くんですが、ファンガン無視の「解散、引退、退所」劇の後15日のブログですが、急転直下だっただけに事務所から内容に対する指示、規制がかかっていた可能性がほぼ100だと思います。

滝様はまだ年内活動できるので、ファンと綺麗にお別れできる可能性がありますが、翼くんはファンに誤解と疑問を残したまま去ることになってしまいました。←事務所からは相変わらず退所日の発表すらない。webから名前が消え、ジャニショから写真が撤去されて「退所したらしい。」と知ることになるのかな?所属歴23年、デビュー16年今井翼の退所をJr.の退所並みに扱うジャニーズ事務所……黒々しいですね。

 

 

でも、Aileは『好きなら離れちゃダメなんだもん(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️』の精神で1度は目を瞑ろうと思います。

そして、淋しいけれど、不安で揺らぐこともあるでしょうけれど、翼くんが復帰してくれる日まで、おりこうさんに待っています❤️

 

 

 

追伸

よく分かりませんが、滝様が何かJr.の見学に現れたと。客席を見回し、笑顔はなくプロデューサーの顔であったと。

何なの?その「時間は進んでいる。僕たちも前を向いて進んでいるんだ!」パフォーマンス。子供騙し通り越して猿騙しだわ。茶番!と思いました。

タレントにそう云うパフォーマンスを取らせれば、崇拝系盲目ジャニヲタは丸め込めるだろうと事務所に思われてるわけですよ。

滝担の皆さまもお考え様々と思いますが、年内の滝様のご活動が願う形になりますように。

そして、急転直下このような事態になったと云うことは、急転直下状況がまた変わると云うこともありえるでしょう。「滝の性格上ない!」とか思ってても、オリンピックイヤーになんやJr.のセンターにドーン!と滝様ご登場と云うことも無きにしもあらずだと思われます。

滝沢秀明という男をプレイヤーでもプロデューサーでも応援していきたい貴女の為に、滝様のブログだけでも残り、滝沢プロデューサーの日常が発信されるか何かそんなよーな措置でも取られるとよいのかもしれませんね。

そしたら、今まで血税ならぬ血チケット代を納めてきたファンをバッサーーーッ!!!未練なく切りましたーーー!!!ってことにもなりませんしね。

まぁ、滝様も翼くんも自分のことだけで精一杯だった事務所内の状況なのかもしれませんね。

 

 

追伸2

なんでワシらがこないな目に遭わなあかんねん!!!アホかっ(怒)!!??

滝翼界隈の強火の皆さん、そう思いましたよねー。なんでかなー?

 

ここで、文中に出てきた田原俊彦氏の言葉を。

『アイドルはティーンエイジャーのもの』

ティーンエイジャー(10代)どころか、今やジャニーズのファンって高齢化していて、『10代20代合計< 30代以上累計』だと思うのですが、どっぷり長年ジャニヲタの方々やAile含む強火ってハートがティーンのままなのです。←こちらに関しては、翼くん関係なく、自分で諦めています。私は80才になっても90才になっても『小4男子』のメンタリティなのだと思います。

 

一言で言うと『幼稚』なのです。

 

普通の一般人はジャニーズに興味ありません。滝翼になんて、もっと興味ありません。

まともな感覚の大人なら、アイドルを応援するのも娯楽の範囲です。活動がなければ他に楽しみを見つけます。解散、引退、退所されて一時悲しんでもそのうち忘れます。『執着』がありません。

しかし、滝翼の活動がなかろうと、翼くんが療養に入って数ヶ月情報がない状況になろうと応援し続けてきたファンは、滝様命のファンの皆さま方は…タレントに対して物凄い『執着』を持っていますよね。綺麗に言い換えれば『愛着心』。「無いと不安」=「自担がいないと情緒不安定になる」「自担がいないと生活にハリを失う」

『愛着心』の強さこそ『幼児性』の最たるものです。

その上、更に強い幼児性を示す『見たいものしか見ない。信じたいものしか信じない。』=『現実逃避』の要素が加わる方々もいらっしゃいます。『現実逃避』は幼児退行の一症状です。ビューティフルじゃないドリーマー。

 

そして、子供は、商品・サービスに不備があっても企業にクレーム入れませんよね?「ん(怒)!」って怒って終わりですよね。

この商品の価値が代価を払うに値するものなのか考えませんよね?

「あたちは搾取されてゆのかな?」なんて考えませんよね?

 

アイドルを有する企業が、値段を付け、明確に消費者に提供しているものは、CD・DVD・BR、webサービス、ファンクラブサービス、コンサート、舞台のみ。ファンはアイドルの『活動』=『物語』(妄想、願望、理想等)込みで商品・サービスだと思いブーブー言いますが、実際は違います。

 

しかし、「アイドル産業の商品は『人』、商売道具は『人の気持ち(人気)』」であることは衆目の一致するところです。

そこにファンとアイドルを有する企業との齟齬が生まれ、企業側の逃げ道があるわけです。

 

大人は子供にこう言います。

「だって、アイドルの『物語』は商品じゃないよ。」

「あなたの好きな『物語』の結末じゃなくても、こちらに責任は一切ないよ。お金払ってもらってないし。」

私達がこんな目に遭ったのは子供だから。

アイドル産業とは、子供相手に『子供騙し』を永久に繰り返す産業なのです。ジャニーズだけじゃなく、他の企業もね。

 

『知恵のある子供』になることだと思います。

そして

『虐げられることをけして受け入れない』

ことです。

 

 

追伸3

強火ジャニヲタのメンタリティについて書きましたが、ヲタとタレントのそれとは相反するものでしょう。翼くんもタッキーも大人だと思います。しっかも、YOU達⭐️!芸能人ー⭐️!

あちら側は仕事として、ファン側のメンタリティなるものは把握していたことと思われますが、強火ヲタ側がタレント側のメンタリティ、本心を理解することは辛い試練になるのではないでしょうか。知りたくなかった的な…。

 

 

追伸4

『海の彼方へ』なんてロマンティックなタイトルに誘われて、共感出来て、エモい感じでカタルシスが得られることでも書いてあるのかしら?と、最後までお読みになってしまったジャニヲタの皆さま、思いっきり素に戻った文章・内容であいすみません。

明日、良いことありますように⭐️