今井翼

Maison d'Ailes

今井翼にハマりそうな、拗らせそうな。一般目線とヲタ目線を行ったり来たり。ファン未満の葛藤。

Te voilà?

美味しそうな写真をご馳走さまです(๑>◡<๑)

 

何種類くらいの具材を使ってるのでしょう?翼くんの好きなものが豪勢に入ってるのね。お魚エキスパートの私にも堪らない!

 

お料理好きの翼くんなら、お家で作りたくなっちゃったでしょ?日本ならごはんをお供に堪能できる(๑˃̵ᴗ˂̵)また、得意料理が増えますね。  

 

フランスは世界に冠する美食大国、gastronomie(ガストロノミー :美食学)の国。

ガストロノミーは、ブリア・サヴァランの「美味礼賛」に始まり、美味しい料理に纏わる何もかもぜーんぶ!のこと。産地、食材の育て方、食材、ワインのマリアージュから、栄養学、科学分野での分析、芸術、文化と料理の関係考察、etc…

論理的思考、理性と同じく、鋭敏な感性、感覚が評価されるフランスらしい学問です。

嗅覚、味覚、触覚と感覚をフル作動させて行うクリエイションだから、翼くんは料理が好きなのだと思います。

 

ガストロノミー1つとっても思うの。「論理的なのに感情的なフランス人のパラドクス(矛盾)」。翼くんが言っていた「喜怒哀楽を越えた葛藤」に種類は違うけど近いかな。

クリスマスイブなのに私もマリウスのことで頭がいっぱいだよ、翼くん!

 

旅から戻る度にあなたをもっと好きになります。前より少し逞しく、豊かになっている翼くんが。←一体、今井翼の何を知っていると言うのか?

Jet lagは無理に直さないで、数日かけて徐々にね。三半規管に優しい感じで慣らしていこう。

 

 

お疲れさまでした。

おかえりなさい。

 

翼くんへの追伸

15日to baseの冒頭、やっと聴けました。泣いたよ。

 

 

追伸

私信です。お昼時から失礼致します。ファンクラブに入るか入らないかの問題ではなく、お薬出しときますねーレベルの重症です。クリスマスディナーの課題は如何にして彼の前で今井翼の話題を出さないかです。だって、ほら「見て。翼くん、カッコいいでしょー。」を10分おきに繰り出しちゃうから。